リベラル新報

リベラルの立場から政治や社会のニュースを拾っていく。

新潮45 ≪限りなく廃刊に近い休刊≫ ネトウヨ路線が裏目に

LGBTは生産性がない」などとLGBTへの差別を寄稿した杉田氏を擁護した「新潮45』。批判の高まりを受けて「休刊」することになった。元々発行部数減によって存続が厳しく、ネトウヨの取り込みのために「極右、差別路線へと転換したがそれが裏目に出た形だ

 

新潮45は7月18日発売の8月号で、自民党杉田水脈衆議院議員が寄稿して「(LGBTは)子供を作らない、つまり『生産性』がない」などと持論を展開。LGBT当事者をはじめ幅広い層から批判の声が広がった。

さらに9月18日発売の10月号で「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と題し、杉田氏を擁護する特集を掲載。そのなかで文芸評論家の小川榮太郞氏が、LGBTに対して一般的に使われる「性的指向」ではなく、性に関する好みや趣味といった意味を持つ「性的嗜好」という言葉を使ったり、LGBTの権利と痴漢の「触る権利」を比較対象にしたりしたことなどに対し、批判がさらに集まった。

10月号を受け、新潮社の書籍の販売自粛を発表する書店や、新潮社への寄稿の中止を表明する作家も出た。ネット上では25日夜に新潮社を包囲しようという呼びかけも出ていた。』(BuzzFeed

www.buzzfeed.com

 

批判の高まりを受けて新潮社長が「ようやく謝罪」し、新潮45を廃刊に近い休刊にするとし、自らの処分も同時に発表した。

 

『伊藤幸人取締役は同日夜、取材に応じ「苦渋の決断。限りなく廃刊と同義と言わざるを得ない」と述べ、佐藤隆信社長と編集担当役員の2人を3カ月間、10%の減俸処分としたことを明らかにした。』

スポニチ

headlines.yahoo.co.jp

 

新潮45は杉田氏の差別寄稿を載せただけではなく、さらにそれを擁護する機構を載せ、そう上批判の高まりを受けて出した社長のコメントでも明確な謝罪がない始末。記事の内容と共にこのような新潮社の態度が「予想を超える批判の広がり」につながったのだろう。

 

性的少数者(LGBTなど)への差別的な表現について批判を受けていた月刊誌「新潮45」が25日、最新号の発売からわずか1週間、また佐藤隆信社長によるコメント発表から4日で休刊に追い込まれた。回収や続刊号での謝罪などを飛び越えた突然の決断の背景には、同社の予想を超えた批判の広がりがある。』(毎日新聞

headlines.yahoo.co.jp