リベラル新報

リベラルの立場から政治や社会のニュースを拾っていく。

安倍内閣が進める ≪サマータイム≫ 欧州では廃止の可能性

安倍内閣東京オリンピックに向けて「サマータイム」を導入することを検討している。だがこのサマータイムは健康上の悪影響など様々な問題が指摘されている。そのような状況で「欧州ではサマータイムの廃止」にむけた法案が提出されている。

 

「EU=ヨーロッパ連合のユンケル委員長は、来年にもサマータイムを廃止する法案を正式に提案しました。

 EU議会でユンケル委員長が提案した法案は、現在、3月と10月の年2回、時間を変更している制度を、来年4月までに各国が夏時間か冬時間のどちらかを選び、変更しないよう求めるものです。

           (中略)

サマータイムを巡っては、健康への悪影響などを懸念する声が高まっていて、EU委員会がこの夏に行った調査では、回答したおよそ460万人のうち、84%が制度の廃止を支持。」(TBS NEWS)

headlines.yahoo.co.jp